オレ達の都市伝説

様々な都市伝説を更新していきます

人為的に地震を起こす兵器?「HARRP/ハープ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

 


都市伝説好きの方なら一度は聞いたことがあるかもしれない、人工的に地震を起こすことが可能とされている悪魔の兵器HAARP(ハープ)

表向きは高周波活性オーロラ調査プログラムというプロジェクトのもと、大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層の挙動や無線通信等への影響を調査することが目的であると説明されている。照射施設はアラスカ州・ランゲル・セントエライアス国立公園の西にあるOTHレーダーの跡地に建設された。

f:id:kuroi69:20150227231639j:plain

本来地震とは、自然災害と考えるのが当たり前だが、これまでに世界各地で起きた地震の中で、自然以外の力…つまり人為的に起こされたのではないか?と疑われているものがある。

本題に入る前に、実は過去に旧ソ連地震兵器」を開発しており、ソ連崩壊とともにその地震兵器の研究資料がどうなったのか分からなくなってしまった。という事実がある事をお伝えしておこう。

 

さて、この地震兵器とはどんなものなのか。それは、地中で核を爆発させているという説と、核以上の威力を持つ新兵器を使用しているという説があり、その新兵器がHARRPだと言われているのだ。

その地震兵器を開発したとされているのが、エジソンのライバルとまで呼ばれた大科学者ニコラ・テスラという人物。

f:id:kuroi69:20150227232323j:plain

彼にはマッドサイエンティストとしての一面もあり、死後に正体不明の連中が現れ、資料をすべて持っていったという都市伝説もある。

 

そしてこの地震兵器使用に関して定説となっている都市伝説は、核保有国同士、国の裏の組織同士、ひいては世界の裏の組織同士で、その国や組織がどれだけ凄い兵器を持っているのかを誇示するために、国を関係なく無差別使用しているというのだ。

 

そして裏の組織同士で日時を通達しあい、大地震を起こすのだ。ではなぜ地震を起こすのか?

一説には、世界人口調整という話もあるが、こうして地震を起こすことによって、国が被災地に支援軍を派遣することができる。それによって、その国の政府も国民に対して税金から軍事予算を割く口実ができる。

また、軍以外で何が被災地に集まるのか? それは莫大な支援金である。

 

ここでひとつ、疑問に感じないだろうか? 日本でも"24時間テレビ"などでチャリティー募金をやれば、一日で数億円は集まるはずだ。

これを世界規模で考えると、毎日、世界中でこの手の支援募金活動を何十年もやっているはずで、チャリティーイベントのように一日数億円とまではいかなくとも、相当の集金力があるはずなのだ。

 

それなのに、いまだに支援金が不足しているとか、世界中の医療設備が整わないのはおかいしいのではないか…?

果たして、集まったお金はどこに流れているのであろうか?

余談だが、近年では3.11の東日本大震災における復興予算の使い道の不可解さや復興の遅れは当時から言われているが…。

 

では、話を戻そう。近年観測された地震人為的なものかどうか見てみよう。

2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震人為的なものではないと言われている。なぜなら、この地震に関しては他の地震共通する特有のサインが出ていないからだ。

 

では「地震兵器」が使われた疑惑がある地震はどれなのか、そしてサインとは何なのか。人為的だと見られる地震を挙げてみよう。

 

サンフランシスコ大震災 1989年10月17日 M6.9

ロサンゼルス大地震 1994年1月17日 M6.7

阪神淡路大震災 1995年1月17日 M7.2

パキスタン地震 2005年10月8日 M6.7

 

これらの月と日の数字を足したり、組み替えたりすると「18」という数字が出てくる。いわゆる数字のアナグラムになっているのだ。

 

サンフランシスコ大地震 1+0+17=18

ロサンゼルス大地震 1+17=18

阪神淡路大震災 1+17=18

パキスタン地震 10+8=18

 

この18という数字は、悪魔の数字「666」を足した数である。他にもこの18という数字に纏わる都市伝説はあり、当ブログでも過去にひとつ紹介している。

⇒18という数字に隠された陰謀

 

ここでパキスタン地震の頃のアメリカを考察してみよう。

当時ちょうどハリケーンの自然災害が起きていた。その時に、アメリカ政府はあまり援助物資を出さなかった。実は治安が悪い地域だったため、一種の"浄化作戦"を行っていたという話もあった。

 

それでブッシュ大統領はしこたま叩かれていた。並行して戦争をやっている中、これ以上国民に反感を持たれるとマズイということで、パキスタンに大地震を起こしたといわれている。

それによって、メディアや国民の目をハリケーンからパキスタンに向けるためだ。

実際、ブッシュはこの危機を乗り越えることができた。

 

阪神淡路大地震は、初の社会党内閣だった村山内閣を潰すためにアメリカが仕掛けたと言われている。

アメリカにとって旧ソ連に近い社会党政権を歓迎できるわけもなく、実際、村山内閣は震災時にいくつもの間違った対応をして、その後崩壊した。

 社会党も「社民党」と名を変えて残っているが、風前の灯状態である。

 

またこの時に救助活動で活躍したことで、それまで影の存在でしかなかった自衛隊が市民権を得て、アメリカの作戦に堂々と協力するようにもなった。

これは偶然か、それとも誰かが描いたシナリオ通りなのか…。

 

因みに、被災地区でもある兵庫県川西市郵便番号は666番である。

 

人為的地震を起こせるなどとは、にわかには信じ難い話ではある。しかし、日本ではあまり報道されないがアメリカなどでは既に、兵士を透明化するステルス迷彩などのハイテク兵器が次々と開発され、実践投入されているという事実からして、そのような兵器が開発されている可能性は、じゅうぶんにあるのである。

f:id:kuroi69:20150228001507j:plain

f:id:kuroi69:20150228001519j:plain


スポンサードリンク

?