オレ達の都市伝説

様々な都市伝説を更新していきます

夢の中に現れる謎の男 「This Man」は軍事兵器?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

 


2006年1月、ニューヨークにある精神科にとある一人の女性が訪れた。

その相談内容は、夢の中に連日、毎回同じ変な男が出てくるというものだった。

そこで女性は、その男のモンタージュを書いて残していった。

 

そして数日後、今度は別の男性が精神科を訪れ、先の女性と同じような内容の相談をし、この男性もまたモンタージュを書いたのだが、その"夢の中の男"の顔が、女性が書いたものと酷似していたという。

 

それから似たような症状を持つ患者が頻繁に訪れるようになり、その"夢の中の男"のモンタージュを「This Man」と名付けネット上で公表した。

f:id:kuroi69:20150207184302j:plain

するとイギリス、スペイン、中国、ブラジル…そして日本でも、自分の夢の中にもこの「This Man」が出てきたという書き込みが多く寄せられたのだという。

今現在で、この症状を訴える人たちは3000人を超えているそうだ。

 

夢の中の出現のしかたは様々で、とある人は「This Man」と食事をしたり、またとある人は「This Man」と恋に落ちたり、また、追いかけられたり…いろんなパターンがあるようだ。

 

では一体、この「This Man」の正体はなんなのか? 様々な憶測や仮説が語られているが、最も有名なのは人為的に夢を操作されているというもの。

 

それはある一定の電気信号によって人の夢の中に"入る"事ができるのだという。

その電気信号の中に映像を組み込むことによって、静電気のような微弱な電気、例えばATMやタッチパネルなどそういった機器や物に人が触れた時、いつの間にか脳の中にその"映像"、今回の件でいえば「This Man」が入ってくるのだという。

 

そして夜眠りにつくと、無意識下に記憶させられた「This Man」が夢の中に登場するという仕組みだ。

では一体、誰がどのような目的でこのような事をしているのか…?

それは、アメリカ軍である。

 

アメリカ軍には「超能力部隊」なるものが実際に存在している。

そこがこの「This Man」の仕組みを作り上げたのではないか? と言われている。

つまり他人の夢をコントロールすることができれば、敵軍に敗戦等のネガティブなイメージを夢の中で見せつけ士気を下げたり、果ては洗脳等のマインドコントロールができる。

 

そして何もそれは、戦争のためだけではなく選挙等の政治活動でも、自分たちにとって都合の良いイメージや展開を国民に"夢"という形で印象付ける事ができる。

 

そのための研究のひとつが「This Man」であり、実験であったというわけだ。

 

もし、自分の夢の中にこの「This Man」が登場したならばそれは、すでにアナタはアメリカ軍の実験台の一人として使われているということなのかもしれない…


スポンサードリンク

?