オレ達の都市伝説

様々な都市伝説を更新していきます

アイルランドで発見された”妖精の靴”

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

 


”小人の持ち物”として最も有名なのは、1885年、アイルランド南西部に位置するベアラ半島で発見された”妖精の靴”だろう。

f:id:kuroi69:20150206071431j:plain

サイズはおよそ7.5センチほどで、左上の当時の指ぬきと比べてもその小ささが分かる。

 

ベアラ半島の山深い奥地の山道で、ある労働者が作業していると、大きな岩の上にちょこんと置かれていた小さな靴が目に入った。

労働者は最初、人形遊びをした子供が置き忘れたものだろうとも考えたが、そこは子供には到底入ることのできない山奥だ。

さらにこの靴をよく見てみると、かなり履き込まれた様子で、かかとがすり減っていたのだ。

 

やがてこの小さな靴はアメリカに渡り、ハーバード大学によって顕微鏡検査が行われた。

レンズの下で拡大したところ、靴は手縫いで、小さな縫い目や靴ひもを通す穴までが、細かく作りこまれている事がわかった。

 

材質はネズミの皮で作られており、そのスタイルは18世紀半ばの紳士靴とよく似ていた。

面白いことに、同様の靴がアイルランド北西部のドニゴール洲でも見つかっている。

 

アイルランドの神話や童話の中には多くの妖精が登場し、現在でも妖精の存在を信じているアイルランド人は多いのだとか。

そんなアイルランドの地で見つかった”物的証拠”。アイルランドに妖精の物語が多く伝わってきたのはもしかしたら、遥か昔に本当に存在していた事が所以なのかもしれない。


スポンサードリンク

?