オレ達の都市伝説

様々な都市伝説を更新していきます

【都市伝説】飛行機の便座が物語る過去の大惨事

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:kuroi69:20141220210108j:plain

今回は飛行機の便座にまつわる都市伝説。

洋式の便座にはO型のタイプとU型のタイプがあるのを皆さんご存知かと思うが、飛行機に設置されている便座の形は全てU型に統一されている。

 

これはある事故をきっかけにU型の便座に統一されるようになったと言われている。

 

飛行機に設置されているトイレというのは空間の制限もありどうしても狭い構造になっている。

そして、流す水の量もあまり多くは搭載できず、長年改良が加えられてきた。現段階ではわずか200ccの水(牛乳瓶1本分)で全ての量を流すことが可能だそうだ。

 

もちろんそれだけでは大量の便をきれいに流しきることはできないので、厳密には下から吸い上げる強力なバキュームとわずかな水によって処理をしているらしい。

 

ここで「ある事故」というのが登場するのだが、まだ飛行機にO型の便座が設置されていた頃、一人の乗客がO型の便座に座り用を足した。

そしてそのまま流すレバーを回した際に、その乗客の内蔵が強力なバキュームによって肛門から外に飛び出すという事故が起きたのだ。

 

これはO型の便座にその乗客のお尻がきれいにハマり、完全密閉された状態になってしまった為に起きた事故である。

 

その為現在はU型の便座に統一して、空間を逃がす仕様にしていると言われている。


スポンサードリンク