オレ達の都市伝説

様々な都市伝説を更新していきます

【都市伝説】18という数字に隠された陰謀

このエントリーをはてなブックマークに追加

18が操る奇妙な一致という都市伝説がある。

聖書やキリスト教徒の間では不吉な数字とされる「666」という数字。6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語、映画オーメンでも有名だ。

666は不吉な数字として語られるが、18という数字も知る人ぞ知る人へ向けてのあるメッセージ込められていると言われているらしい。

「666」全て足すと「18」という数字になる。湾岸戦争勃発の日は1月17日(1+17=18)等、この18という数字に絡んだ日に世界的な事件なども起きていることから、裏で牛耳る何者かの陰謀を噂されている。
数字というのは言葉と違って全世界で共通のものである。

日本の硬貨である500円、100円、50円、10円、5円、1円、これら全てを足すと「666円」になる。
また、日本は戦後マッカーサーのメディア戦略によって洗脳されてきたと言われているが、そんな日本のメディアにもこの奇妙な数字の一致を見ることができる。

日本の在京のAMラジオの周波数を見て頂きたい。

f:id:kuroi69:20141219001328j:plain

感の良い方はお気づきかと思うが、これらの周波数の数字を全て足すと奇妙なことに全て18という数字になる。

f:id:kuroi69:20141219001354j:plain

これだけではなく関東のラジオ全ての周波数も足すと18という数字が浮かび上がる。また、18にはならない他のAMラジオの周波数は999になる。ひっくり返せば「666」という数字だ。

これらの一致は単なる偶然なのか、それともメディアを使って世の情報操作をして牛耳っている何者かのサインなのか・・・
信じるか信じないかはなんとやら。


スポンサードリンク